ベビーシッターになるには

subpage-img

女性の社会進出、保育園待機児童問題などがある現代、多くのニーズがあるのがベビーシッターです。

ベビーシッターは忙しい保護者に代わって、その家庭の教育方針にそってその家の保育をすることです。この仕事には特別な資格が必要ありません。

しかし、子どもの命と安全を預かるとても大変な仕事です。

ですから、専門知識の勉強や子育て経験などがある方が安心して子どもを預けられると考える保護者が多いです。

保育士や幼稚園教諭の資格を持っていたり、ベビーシッターの民間資格である全国保育サービス協会の認定ベビーシッター資格を取得している方が仕事としては有利になります。

また子どもは急な体調変化を起こしやすいものですので、看護師資格があることも大きな有利となります。

ベビーシッターに関する有益な情報をご紹介いたします。

この仕事の多くの場合にはベビーシッターを派遣する会社に登録して、派遣されることが多いです。この仕事は依頼者との信頼関係、子どもとの信頼関係を構築することが大切です。

最初緊張していた子供が徐々に心を開いて笑顔を見せてくれるようになった時、依頼者である子どもの保護者からの感謝の言葉をもらえた時、この上ない嬉しさとこの仕事の喜びを感じることがあります。

YOMIURI ONLINE情報はこちらに集まります。

子どもは放っておくわけにはいきません。

しかしながら、子どもを連れていけない場や状況があります。そんな困った状況を手助けするとてもやりがいのある仕事であり、善の仕事であると言えるのです。



子どもの安全を常に考慮した神経を使う仕事ですが、それ以上のやりがいを感じる仕事でもあるのです。

top