ベビーシッターは専門職

img1-1

子どもを連れて行けない急用や、重篤ではない程度の病気などで保育園を休まなければならないけれど仕事を休めない時、または自分にご褒美でお出かけしたいときなど、ベビーシッターを頼んでみようかと思うシーンはいろいろあります。

子どものことをよく知っている近所の大学生やおばさんに頼むということもありますが、いつも頼めるとは限らないものです。



でも、見ず知らずの人に子どもを預けるのってどうなんだろうと考えてしまうという人も少なくないのようです。

利便性を重視したT-SITEをわかりやすく説明しています。

ベビーシッターといえば、アメリカのホームドラマなどでよく出てくる学生のアルバイトという印象が強いですが、実は、認定資格のある専門職です。
実際には、資格がなければ働けないということはなく、子どもが好き、子育て経験があるということで仕事に就くことができる場合もあります。


しかし、ベビーシッターは子供の安全に大きく関わる仕事のため、派遣業者などでは、きちんとした有資格者を採用する傾向が強くなっています。
ベビーシッターの資格は、国家資格ではありませんが、公益社団法人全国保育サービス協会が認定資格を付与しています。

資格を取得するためには、認定資格取得指定校で定められたカリキュラムを履修して卒業するか、研修を受けて認定試験に合格しなくてはなりません。


また、保育士や看護師の資格を持っている方が、ベビーシッターの資格を持っていることもあり、さらにプロフェッショナルとして活躍しています。
人柄や子どもとの相性を見極め、信頼できる有資格者に頼めば、安心感が増すといえます。



皆が知りたい情報

img2-1

現在のわが国では、深刻な待機児童問題が起きています。これは皆さんもご存知のように、子供を保育園に預けたいという人が多数いるにもかかわらず、実際に保育園には全く飽きがなく、保育園待ちをしている人が山ほどいるという問題です。...

more

生活の秘訣

img3-1

最近は、掲示板で大急ぎで、または格安でベビーシッターをお願いしている人がとても多いです。ただ、個人間取引なので、格安で受けてもらえるメリットはあるのですが、本当に信頼して良いのかどうか疑問です。...

more

読めば解る

img4-1

女性の社会進出、保育園待機児童問題などがある現代、多くのニーズがあるのがベビーシッターです。ベビーシッターは忙しい保護者に代わって、その家庭の教育方針にそってその家の保育をすることです。...

more

生活の秘密

img5-1

ベビーシッターの利点は、各家庭の都合に合わせて、依頼ができるというところにあるでしょう。保育園へのお迎えや、外出時の子守りなど、様々な理由でベビーシッターを利用する方がいます。...

more
top